学仏大悲心

南無阿弥陀仏 唯信仏語 唯順祖教
学仏大悲心 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  真宗の信心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真宗の信心

「「信をとれ」とあるのを聞いて、如来のまちがいないおこころを私の胸に受けとらねばならないように思うから、いただけたとか、いただけないとかと自分の胸をさがすのである。これは大きなまちがいである。それならば本当のことはどうかといえば、如来のやるせないおこころにおさめとられた一つで、往生の用済みであるということを聞かせていただくばかりである。
…それゆえどこまでも私の救いは、聞いておいてよかったというようなものではない。いまのままで助けられてしまうのである。」

「自分の努力をつみかさねた結果が信心となるというのではなく、仰せが聞こえたのが信心です。これが仰せに随順したことですが、その随順するということは無疑ということで、計らいの無くなったことです。仏智満入すれば、仰せのままにおまかせし、如来に計らわれてゆくのです。だから仰せの聞こえたのが信心であり、お助けの得られたすがたが信心決定のすがたであります。他力の信心は、仏智満入によって、成就されたお助けの聞こえたことであります。」

『真宗の信心』 加茂仰順和上 著 探究社 刊 より


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2011/05/19 22:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
ありがとうございます
なまんだぶ
なまんだぶ…
[ 2011/05/21 16:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。